3/11 7年目

2018.03.11 Sunday 22:06
0



    今年もこの日が来ましたね

    この時期になると

    宮城の人々はあの出来事を思い出します


    前に進んでいる人…

    悲しみをまだ受け入れられない人…


    思いは人さまざまだと思います

    私もこの7年間

    本当にいろんなことがありました




    この世は全てが移り変わります

    変わらないことは何一つありません。


    私たちは

    この変わりゆく全てを

    受けいれながら生きていくことか

    大切だと思います


    苦しみは執着心から生まれるといいます

    だから執着心をもたないように生きるために

    変わりゆくことを

    受け入れていきましょう(^^)

    category:人生 | by:metasinricomments(0)trackbacks(0)

    職場訪問

    2017.09.17 Sunday 07:17
    0



      先日

      県立高校の生徒さん

      合計12人が職場訪問にきました


      2.3年前も

      同じ学校の生徒さんが

      来たことがありましたが

      その時は一人でした


      カウンセラーという職業の

      知名度があがってきたということで

      嬉しく思います


      6人ずつ、約二時間

      二部に分かれて訪問し

      それぞれからの質問がありました

      その中に


      「カウンセラーとして大切なこと」

      という質問がありました


      折角なので、ここでも

      私の考えをお伝えしょうと思います


      カウンセラーとして大切なことは

      いろいろありますが

      まずは

      カウンセラーという仕事は

      クライアントさんの苦しみを

      取り除くお手伝いをするわけですから


      一番は

      「責任感のある人」

      だとつくづく思います


      カウンセラーという「仕事」ですから

      「お金を頂く」わけですから

      当然ですが。


      例えば行政管轄下(学校や市など)

      やボランティアでは

      クライアントさんが直接

      お金を支払わないので、

      そのカウンセリングが良いか悪いかはわかりにくいと思います。


      しかし民間はお金を頂いているので

      その良し悪しがハッキリでます


      ですから

      社会人として

      人の援助をする仕事ですから

      なにより責任感が必要と思います




      category:その他 | by:metasinricomments(0)trackbacks(0)

      他人が許せない正体は

      2017.09.16 Saturday 19:27
      0



        【質問】


        他人を許せたら、自分も許せる、と聞きましたが、どういうことなのでしょうか?  


        【回答】


        他人を許せたら、自分も許せる。自分の存在を否定してくる人がいるからこそ、自分が知らされる。


        これが仏教の教えです



        普段、私達は、自分のことを善人だと自惚れていますが、一度、自分のことを否定してくる人と出会ったならば、そんな優しい心は、どこへやら、で、吹き飛んでしまいます。


        自分の中から、醜い感情が吹き上がって来ます。


        その時、多くの人は、自分はそんな酷いことを思う人間ではないのに、あの人がこんなことをするから、こんな醜い感情が吹き上がってきたのだと思って、相手を責めてしまいます。


        しかし、自分に、元々、そんな醜い感情が存在していなかったならば、縁が来ても吹き上がることはないのです。


        そんな感情が吹き上がる、というのは、自分に元々、そんな感情があったからであり、それが縁に触れて、見えただけです。


        つまり、阿頼耶識に、過去に行った経験として、業種子が、薫習されていたのです。


        そう思ったら、自分とは、こんな人間なのだな、と思って受け止めるしかありません。


        人間とは、とかく善人というところに立って、他人を見下していたいものです。


        でも、醜い感情を受け入れてしまったら、それが出来なくなる。


        それでも、受け入れたならば、この世に許せない人はいなくなるのです。


        他人が許せない、というのは、自分の醜い感情を許せない、ということです。


        他人を許せたら、自分も許せる。


        自分を許せるようになると、自分の醜い感情が見えても、己れ自身が苦しむこともなくなるのですね。



        僧侶

        自分と向き合うとは

        2017.08.01 Tuesday 15:56
        0





          【質問】

          仏教でいう

          分別心について、

          詳しく教えて下さい。

          【回答】

          私達は、分別心によって、世界を善と悪、価値のあるものと価値のないものに、というように、二つに分け、悪を否定し、価値のないものを馬鹿にしています。

          そうすることによって、いつも善人や価値のある方に自分を置き、自分は馬鹿にされたり、否定されるような人間ではないのだと思って、心の平安を保っているのです。

          だから、いざ現実に自分にも悪があると分かりそうになると、どうしても、その現実を認めることが出来ません。

          なぜなら、その現実を認めるとなると、今まで「自分は悪などしない」と思って、悪を責めに責めてきた日々の思いが、一気に自分に跳ね返り、突き刺さってくるからです。

          つまり、自分が善だと思って、相手の悪を責めていた分だけ、自分が悪になると、責められているように感じるのです。

          そこで、私達は現実を歪めて、自分に都合の良いように見ようします。

          そして、そうすることによって、自分に向けられた責められるような苦しみから、一時的に逃げようとするのです。

          しかし、どんなに苦しみから目を逸らし、見えなくなったとしても、苦しみは消えることはありません。

          今度は、苦しみが不安となって、たとえ現実には誰も責めている人や、馬鹿にしている人がいなかったとしても、

          「誰かが自分を責めているのではないか」とか、「馬鹿にしているのではないか」という不安が付きまとい、離れることはありません。

          それでも逃げたら楽になれると思って、この不安を誤魔化そうとして欲に走り、目先の快楽を貪ってしまうのです。

          心は苦しみから逃げると弱くなり、たいしたことがない苦しみでも激痛に感じて耐えられなくなる。

          だから、一度苦しみから目を逸らし逃げてしまうと、もう現実と向き合うことは出来なくなり、これ以上は、逃げられなくなる限界まで、欲に走ろうとしまいます。

          当の本人にしてみれば、そうやって逃げているうちに、誰かが何とかしてくれないかな、と淡い期待をしているのですが、

          欲に走っても、問題を先送りにしただけで、何かが変わることがないのが、現実です。

          むしろ、そうやって欲を貪っている間に、問題は深刻化していき、現実と向き合うことを苦しくさせてゆきます。

          しかも欲に走って、どんなに逃げたとしても、現実では問題が深刻化していることに薄々気付いているので、余計、不安になり、その不安を誤魔化そうとして、ますます欲にのめり込んでゆくのです。

          そうやって、もう、にっちさっちも行かなくなるところまで、欲に走ったあげく、ボロボロになった現実と苦しみに、一秒も耐えられないほど弱くなってしまった心で向き合わなければならないのです。

          その苦しみは想像を絶するものがあり、死んだら楽になれると思って、自ら命を絶ってゆく人もいますが、肉体を失っても苦しみは消えることなく、

          まさに、天まで届く火柱に、この身を焼かれて、果てしないほどの長い間、苦しみ続けなければならないのです。

          逃げて、逃げて、その時は一時的に楽になったとしても、後から、その何倍もの苦しみがやってきて、苦しまなければならない。

          だから、どんなに苦しくても現実と向き合わなければなりません。

          では、なぜ私達は、これほどまでに、ありのままに現実を見ることができないのか。

          根本的な原因は、分別心にあります。

          唯識では、分別心を正確に言いますと、虚妄分別(こもうふんべつ)、あるいは、妄分別(もうふんべつ)と言います。

          この分別心によって世界を二つに分け、悪を否定し、正しいところに置こうするから、世界が歪み、不安が生み出されます。

          問題にするべきことは、分別心でもって、心を善悪に分ける自分のあり方です。

          苦しみは、現実世界が生み出していると思って、現実世界・状態が変われば、苦しみはなくなると思っているのが、私達の迷いの世界です。

          私達は、原因が自分の心にあると思いたくないので、目を外に向け、「自分を不安にさせる奴がいる」と思って、お金や権力などの力を手に入れて、

          この現実世界を思い通りに動かそうとしてしまいます。

          このように、苦しみや幸せは、自分を取り巻く環境によって生み出されるものだと思っている人達に、苦しみや幸せは、心が生み出すものであると教え、

          いくら外を問題にしても楽になるどころか、苦しみは深くなるばかりである、と知らせ、外に向いた目を自分の心に向けさせる。

          そして、不安や苦しみの原因である分別心を、一つ一つ取り除いてゆき、苦しみから離れさせてゆく。



          僧侶

          仕事がイヤになったら…

          2017.07.30 Sunday 10:03
          0




            社会人になると

            毎日、毎日、毎日

            仕事に行きますよね


            人間ですから

            遊びを優先したかったり

            仕事がイヤになったりすると思います

            働きたくない…など


            そんな人に何か参考になれば

            と思って書きました



            仕事すること自体が

            イヤになったときの

            乗り切り方がひとつあります



            「仕事さん」という「友達」と考えてみること


            自分が選んだ「仕事さん」に

            毎日会って、長い時間を過ごす


            時々、うまく行かない時もあるけど

            わたしが選んだ 

            友達「仕事さん」だから

            その都度、折り合いをつけて

            関係は切らない


            プライベートで

            悩んだり、辛いことがあっても

            職場に行けば

            「仕事さん」がいて

            いつも変わらず

            自分の相手をしてくれている

            だから

            「仕事さん」といる時は

            辛いことを忘れさせてもらえる



            自分次第で

            「仕事さん」は

            いつも自分のそばに居てくれる


            自分さえ大事にして

            いつも感謝を忘れないでいたら

            「仕事さん」は決して裏切らない



            もしその「仕事さん」と

            合わなくなったら

            さよならして

            別の「仕事さん」を探せばいい


            わたしは

            「仕事さん」とずっと

            一緒にいたいと思ってる(^^)v


            今、「仕事さん」がいない人は

            寂しいと思う😢

            だから気の合う

            「仕事さん」に

            出会えるといいね



            こんな感じです☝







            Calender
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << September 2018 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM