ライバルに勝つ

2008.11.29 Saturday 21:47
0
    「そんな大役できませんよ」

    「人前で話すのが苦手ですし・・」


    誰から見ても適役だと思われる人が、なぜ目立つことを避けようと
    するのか?

    こんな心理実験がありました。
    まず、自尊心の高さを調べるテストをします。次にかなり込み入った課題を
    とくように頼みます。

    この課題に取り組んでいるときに、二人の訪問者が
    被験者の後ろに座って、時々なにやら、ささやいたり、
    椅子をゴトゴト動かしたりしました。
    これは他人に観察されていることをその人達に知らせ
    自意識を持たせるために仕組まれたこのでした。

    課題が終わったところで、自分の成績の評価をしてもらいました。
    そうすると、
    自尊心の低い人は高い人より、自分の成績を低めに見積もったのです。
    実際には自尊心の低い人と高い人の成績の差はありませんでした。


    他人が自分の言動に関心を持っている」との自意識を持ったとき

    自尊心の低い人は暗黙の自己観(この場合には、自分の能力を低めに

    評価する)と一致させようとします。

    そのため自分の成績を低めに見積もってしまうのです。

    大役を固辞する人は、自尊心が低いので、「うまく出来るはずが無い」

    と、自分を実際より低く評価してしまいます。

    実際に私のところに来るお客様達は、能力は高い人が多いのですが
    「私なんて・・・」(褒めても)「そんなこと無い」と思い込んでしまう方は確かに多いと思います。
    (私はお世辞は嫌いなので、本当のことしか言わないのですが・・・
     その分、ダメなことは、ダメといいます)




    仕事。勉強。スポーツ・・・
    残念ながら、世の中「競争」です。

    一般のおばさんですら、「私のほうが若い」とか「美しい」とか・・・


    み〜んな「競争」です。

    その結果「心が苦しくなる」んです。


    でもその「競争心」が「生きるバネ」になる人も多いはず。

    ライバルに勝つためには
    高い自尊心を持たなければなりません。

    そのための特効薬はありませんが、

    失敗したり。

    恥をかいたり。

    みっともなかったり。

    そんな経験をたくさん積み、そんな経験を笑える自分にならなきゃ
    いけないのかもしれません




    「恐れずに挑戦する勇気。場慣れ。それらが自尊心を高めるのに
     役に立つでしょう。」






    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM