自分の能力を判断する時

2009.01.21 Wednesday 12:51
0
    オバマ新大統領の演説を聴きながら
    堂々とした彼の態度、そして人々を魅了する言葉。。

    彼のあの魅力はどこから来るのだろう・・・と思った。



    人は 自分ができるか出来ないかという自己能力の評価をする時

    多くの人は 自分の周りの人と比べて上か下かという

    相対評価をして、自分の能力を判断するそうです。


    このように人と比較することを「社会的比較」という
    (この場合の社会的とは対人的という意味)



    人はあることに確信を持とうとするとき

    2つの基準でそれを確かめようとする。



     物理的真実性 と 社会的真実性例えば 100Mを10秒で走れる。
        10000Mクロールで泳げる   など

    科学的測定・分析を行う

    これが物理的真実性です。


    一方 社会的真実性とは、 周りと比較する
    例えば 他人より早く走れる
        他人より背が高い。 
       

    物理的真実性だけでは 自信がもてるかというとこれだけでは
    心もとない。

    その時、他人より〜。という比較によって自信が生まれる。




    これが「社会的比較による社会的真実性」です


    しかし社会の基準は数値で表せないものが多い。

    リーダーシップ・忍耐力などは測定するのが難しい。





    人は能力を判断する時

    この2つの真実性が整ったとき初めて確信がもてる。

     
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM