遠距離恋愛の心理

2010.04.01 Thursday 11:43
0
    今日から新年度です。

    春は出会いと別れの季節・・・などどいいますが

    確かにそうですよね。


    。。。ということで、今日は

    「遠距離恋愛」について




    アメリカの心理学者ボッサードは

    「住んでいる距離と二人の関係について調査し

     互いに住んでいる場所が近ければ近いほど、

     二人が結婚する可能性は高くなり、

     離れていればいるほど、その可能性は薄れる」

     という結論をだしたそうです。


    というものの、さまざまな理由から離れ離れに

    暮らさなければならない人もいますね。

    このような場合人は、「直接会う」

    ことの代わりになる行為(代償行為)を選択する。

    電話はメールにくらべ相手の声を聞くことができる。

    それによって、より現実に近い相手の状態を推し量る

    ことができる。

    このように、ある行為の代わりを果たす価値が高いことを

    「代償価が高い」という。

    手紙や電話やメールもある。

    離れて暮らす二人にとっての代償行為は、

    現代はその選択の幅が広い。


    ・・・にも関わらず「遠くの恋人よりも近くの他人」を

    選んでしまう人が居ます。

    毎日電話をかけあっても、電話を切れば相手の声は

    聞こえない・・・

    急に心が寂しさに支配されてしまう。

    いつも好きな人のそばにいて、「かまってほしい」

    「触れていたい」・・・


    そのような人は電話では満足できず

    つのる寂しさから、つい身近な異性に心を奪われてしまう。


    どんなに好きな人でも、会う機会が減れば

    しだいに疎遠になっていくことも多い・・


    ということかもしれない。
    category:恋愛心理 | by:metasinricomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM