恋愛依存

2012.01.09 Monday 16:49
0
     
    久しぶりに 恋愛のタイトルにしてみました。


    興味ある人・・・・


    多いんじゃないでしょうか。。。




    まずは。「恋愛依存」とは

    例えば

    ○恋をしていない自分に自信がない

    ○常に恋して ときめいていないと不安になる

    ○一人で居るとさびしくて不安でいたたまれない。

    ○恋愛が安定期に入ると不安になり わざと(無意識も含む)けんかしてみたりしたくなったり
     別の人に惹かれたり 浮気をしたくなり

    などなど・・・


    恋愛依存の人は「愛されること」=「自分のアイデンティディ」なので

    恋人が居ないと自分に価値がないように感じたり

    自分が大事にされていると感じることによって安心し

    恋人に認められることで自尊心を支えているので

    そのようにされないと不安になります。

    ひとつの恋が終わると「不安」になるので

    寂しさを紛らわすために次の恋に走ろうとする人もいます。

    恋愛依存のひとは

    「愛される」ことに価値があるので

    「愛する」ことが出来ません。

    自分が相手を愛していると勘違いしている人が多いのですが

    それは愛しているのではなく「依存」しているのです。





    愛情あふれる恋愛と依存の恋愛の違いを見極める方法はいくつかありますが

    ここではまずはひとつを書いてみます。



    愛情あふれる恋愛は

    デートなどでたくさん相手に幸せを補充されるので

    次のデートまで毎日を充実してがんばれます。

    依存の恋愛は

    デートが終わって帰る瞬間から既にもう寂しい気持ちが襲ってきて

    「不安」になります。



    恋愛依存は「依存症」のひとつです。

    以前に依存症の人の脳の話を書きましたが

    一度何かの依存になった人は

    それがなくなっても また 何かの依存症になりやすいのでご注意ください。

    または 何度も繰り返しやすい・・・です。


    ・・・なので・・・

    そうならないように

    常に「依存しやすい自分」と上手に付き合っていく・・・

    という気持ちが大切かも知れません。









    category:恋愛心理 | by:metasinricomments(1)trackbacks(0)
    Comment
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2012/01/12 6:04 PM








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM