終結をむかえるとき

2012.11.23 Friday 20:35
0
     
    11月ともなると・・・しっかり寒いです。

    世の中は 12月に向けて 準備をしているようですね。


    最近は 「卒業」する人たちが多く 少しさびしい感じになっていますが

    喜ばしいことです。

    カウンセリングは「終結」といってクライアントが最初に来たときに抱えていた問題(主訴)が

    改善や回復または解決した場合一旦卒業してみる・・・という形があります。

    「終結」にはいくつかの課題がありそれが今後大丈夫だろうとカウンセラークライアントが

    同意のうえで決めるのが一般的です。






    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    私はカウンセラーという職業を通して 皆さんにとっての


    「安全基地」になりたいと思っています。


    いざというときに頼ることができ、守ってあげれる居場所でありたい。

    安心や心の支えとすることの出来る存在です。



    外の世界を探索するためのベースキャンプとでもいいましょうか。

    トラブルや危険が生じたときに、逃げ帰ってきて、助けを求めることができるが

    なにもいつもそこに縛られる必要はない。



    「良い安全基地」であるためには、皆さん自身の主体性を尊重し

    皆さんの必要や求めに答えるというスタンスがよいとおもっています。



    気持ちがまだ不安定で、心細さを感じるうちは、安全基地に頻繁に頼り

    その助けを必要とするが

    気持ちが安定し、安心と自信を少しづつもてるようになったら

    その回数も減り、次第に自力で行動することが増えていく。


    そらにもっと時間が経てば心の中で「安全基地」のことを思い描くだけで十分な

    気持ちになり実際にそこを頼ることもなくなっていくかもしれない。。。。。




    そんな「究極の安全基地」でありたい。。。。。。

    皆さんにそんな気持ちで活用してもらえたら嬉しいです。






    category:その他 | by:metasinricomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM