踏ん張り時

2012.12.05 Wednesday 17:00
0
    今年も最後の月になりました。

    【師走】という通り…
    私も今月は当分の間、休みなしでお仕事させていただいております。


    年末年始の休日はまだ
    決まってないので…たらーっ
    決まり次第お知らせします。


    さて。
    思春期の子どもに関するお話を少しします。

    人格を形成するにあたり 育った環境(特に両親)
    はとても重要で、
    生まれもっての気質にその周りとの関係が複雑に絡み合って形成されてます。


    子どもは意識していませんが
    思春期はまさに
    親が試されている時期と思って間違いないと思います。


    それまでの親の接し方の答えが一旦この時期にでます。


    この時期親として、もっとも大切なことは 子どもが反抗することを許容し(甘やかすという意味ではありませんよ。)、受け止め、それに動揺せずその気持ちを【認めてやること】です。

    子どもの反抗が激しいほどその親はとっても苦しく、悲しいです。
    この苦しみは、経験した親じゃないとわからないかもしれません。


    この時期を肯定的にとらえ、子どもの根底にある気持ちを前向きに受け止めることです。
    この反抗は子どもが成長するにはとっても必要なことだからです。


    この時期に親が素直に自分と向き合い成長することができた場合、その子どもは成人すると親に優しく接するようになります。


    だから。親として今が踏ん張りところです。


    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM