疾患への理解

2016.02.18 Thursday 10:27
0


    まだまだ寒い日が続いている仙台です
    今日はまだ日差しがでていますが・・・外は寒い・・・汗

    我が家のワンちゃん犬は、かなりのおばあちゃん(15歳)で
    日に日に「ワン」以外の言葉のバリエーションが増えました・・・(笑)
    元気ですが足腰が弱くなり
    動き方が時々笑いたくなるような格好をします

    人間もおばあちゃんやおじいちゃんになると
    だんだん可愛くなっていきますが
    犬も同じです(^^)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    企業様から業務提携のお仕事を頂き
    もう数年になります。
    いただいている企業は
    メンタルヘルスに対する体制が
    年々整ってきていることで理解者も多く
    働いている皆さんも、安心しているように思います

    しかし、まだそのような体制が整っていない企業も多いのだと知りました。
    こんなに世の中メンタルヘルスに対する理解が増えてきているにもかかわらず
    残念ながら疾患に対する「偏見」はまだあるようです。
    しかも接し方などもわからないため
    疾患の方々へ負担があるということに
    気が付いていないように思います。

    こころの疾患はその病気になった人じゃないと
    やっぱり理解しきれないところがあるのは
    仕方ないかな。。とも思います。

    でもせめて、「ナマケ」や「甘え」「気持ちも問題」
    などでは決してないし
    また、回復へ向かうには何か月、何年もかかる人が多い
    ということだけでも
    理解してもらいたいです。。。


    私はカウンセラーの立場を通して
    偏見で苦しんでいる人々の代弁者として
    世間に理解していただくことを使命としたいと思ってます

    がんばる!グッドグッドグッド

     
    category:精神疾患 | by:metasinricomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM