結果の原因 ?

2017.06.20 Tuesday 22:20
0


    【質問】

    人間関係の苦しみ悩みの正体は、何なのでしょうか?


    【回答】


    人間関係の悩みには、ツボがあります。


    人間関係で苦しみ悩んでいる人が、世間には多く存在します。


    多く人は、苦しみ悩みの原因を、外の出来事、環境や人に求めていますが、真実から言うと、苦しみ悩みの原因は、すべて自分の内側にある、自分の心にある、と説くのが、仏教です。


    人間関係の苦しみ悩みの正体は、外の出来事、そのものではなく、苦しみ悩みを作っている心であり、その出来事を、辛い問題だと感じる心なのです。


    これを一つの譬えでいうと、花粉症になぞらえたら、分かり易いのではないかと思います。


    春になると、大量のスギ花粉が飛散しています。


    Aさん、Bさんがいたとします。


    Aさんは、花粉に体が反応して、くしゃみが止まりません。


    Bさんは、花粉が飛んでいることさえ、分かりません。


    この場合、Aさんにとって、花粉は、問題です。しかし、Bさんにとっては、問題ではないのです。


    世の中に花粉が飛んでいるという事実は、変わらないのです。


    つまり、花粉そのものは、問題ではないのです。


    本当の問題は、花粉に反応してしまうAさんの中にこそ、あるのです。


    花粉症の人は、体の中に花粉に対する抗体があるから、花粉に反応します。


    だからといって、花粉症の人が、自分の周りから、花粉という存在を、一切なくそうとしても無理です。


    せめて、マスクをして、少しでも入ってくる量を減らす位しか、出来ません。


    避けて通る訳にもいきません。無視しても、無視は出来ません。


    やはり、一番効果的なのは、自分の体質、つまり、自分を変えることでしょう。


    人間関係の悩みも、これと同じです。


    人間関係の問題も、同じように、ある特定の他人や、出来事に反応する人は、その言動や出来事に対する抗体があるから、反応するのです。


    その抗体が、悩みの種です。


    ところが、人間関係においては、相手の言動に反応して、必死で相手を責め立てて、相手を変えようとします。


    ちょうど、花粉をなくそうとするように。


    当然ですが、いくら他人を責め立てても、相手は、全然、変わりません。余計に状況が悪くなるだけです。


    何故なら、その相手が問題なのではなく、その人の言動を問題と感じる、反応していることが問題だからです。


    人間関係に悩み、しんどい、と思う時、それは、あなたの心が、何かに反応している、ということです。


    その何かを見極め、体質を改善することが、大事なのです。


    心にも、花粉症がある、ということですね。


    幸不幸を生み出す原因は、全て、自分の心の本心である、阿頼耶識にある、とお釈迦様は教えておられます。


    今まで、経験として、おさめてきた体や、口や、心の行いが、阿頼耶識に業力不滅で、業種子として、貯えられて、それが様々な縁と和合して、私達の日々の現実の運命という結果となって、現われるのです。


    苦も楽も、幸も不幸も、心から、笑顔で暮らせ、その日、その日を、という歌の通りです。


    これが、仏教で教える、自業自得という、因果の道理、縁起の教えです。

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM