相手に感じるものは私の心 12

2019.02.13 Wednesday 12:47
0


    【質問】


    相手を通して、自分を見ている、ということについて、教えて下さい。  


    【回答】


    人は自分の心で、世界を見ます。少し自分のことを冷たくされただけで、私達は唯識で、相手は自分のことが嫌だから、こんなことをしたんじゃないか、と思ってしまうことがあります。


    相手は、自分のことを嫌ではないのか、と思う心が唯識です。


    このように思うのは、日頃から、相手は自分の存在を嫌だと思っているのではないか、という声なき声が聞こえているから、ちょっとした縁でも、そのように思えてしまうのです。


    本当は、相手は私のことを嫌とは思ってはいないかも知れないのです。


    それどころか、逆に大事な存在だと思っているかも知れないのに、自分の思い込みで、相手はこう思っているのだ、と思ってしまうのです。


    自分の思い込みを信じて、本当はそれは違うのではないか、と思うことがないのです。


    そして、自分のことを嫌だと思っているに違いない、ということを前提として、こんな風に思われるならば、もうこの人と一緒にいたくないと思ってゆくのです。


    他人の心は、本当は分からない。


    だから、この人はこう思っているのではないかと、他人の心を判断しているのは、他人の心を通して、実は自分の心を見ているだけです。


    つまり、相手は、こういう人間だ、ということではなくて、自分はこういう人間だ、ということです。


    だから、それに対して、あれこれ思うのは、自分に対して思っていることなのです。


    例えば、相手は自分のことを嫌だと思っているのではないか、と思うのは、自分が思い通りにならない相手に対して、


    それが自分であれ、他人であれ、嫌だと思っていることであり、そんな嫌なものに対して、見たくないと思っている、ということです。


    思いを見れば、自分の心が分かります。


    唯識の教えを思い出し、自分が見ている相手は、自分なのだと思って、自分の心を見てゆかなければならないな、と知らされます。



    僧侶

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM