誹謗、中傷されるのは嫌われているからではない!

2008.04.08 Tuesday 22:19
0
    最近 なかなか良い本に出会った。

    その中の一説を今日は 書いてみることにしました。


    誰かに陰口を言われている。

    中傷された。

    意地悪をされた。


    すると、「嫌なやつだな」と思うだけでなく、
    「嫌われている」と不安になる。




    実はこういう時、あなたの不安以上に相手のほうがむしろ
    不安を持っているらしい・・・

    このままだとあなたに負けてしまう。
    自分の居場所がなくなる。
    あなたが妬ましい。
    あなたの存在が自分の劣等感を刺激する・・・。


    つまり
    相手に余裕がなく、自分があなたに劣っているのではないかという
    「不安」があるそうです。

    そのため、無意識に何とか優位に立とうとしてあなたを攻撃する。

    つまり、裏を返せば、あなたをそれだけ「認めている」ということ。
    あなたを恐れているということ。



    ですから、あなたはそのような相手を恐れる必要はないということだそうです。
    ・・・・・・以下云々・・・】





    これはメンタルトレーニングに関する本ですが、
    この部分をみて、
    物事を精神論ではなく、心理学的、脳外科学的に判断する癖のある私は
    「たしかに!」と思った。


    決して自分を慰めるための言葉〜ではないと思う。
    なぜなら、人間には「無意識」の領域が行動の9割を決めるから。
    (ちゃんと根拠のある内容だと思った。)
    いじめをする人間や、妬み、嫌味の多い人を
    「そんなことはない・・・」と思っているかもしれませんが、
    実は・・・・・・・そうなのです。



    category:人間関係 | by:metasinricomments(2)trackbacks(0)
    Comment
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2011/02/08 9:51 AM
    これを読ませていただいて、どんなに救われたことか!

    誹謗中傷で悩んでいたので、とてもありがたく感じました(*^_^*)

    負けないでがんばります!








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM